だらしないくらいヤリまくった俺

だらしないくらいヤリまくった俺

近所の主婦ばかり相手にしていたので、流石に旦那に見つかると思いアプリに登録しました。
アプリでは主婦層が多く、俺の好みにピッタリなので取り敢えず片っ端からメッセージを送りました。
すると一人の30代後半の女性から「セフレとしてなら会ってもOKです」と、返事が返ってきたので会ってみる事になったのです。

 

俺は電車で彼女に言われた通りの場所まで携帯のナビを使って移動しました。
彼女も同じくらいに到着したので、ご飯をラーメン屋さんで食べてからホテルへと向かったのです。
ホテルでは彼女が先に「ねぇ?貴方のペニスを見せて?」と言うので、仕方なくパンツを降ろしてみせると興奮しているようです。
彼女は「カリが大きくて美味しそうね、早くお風呂に入って!」と頼まれたので、ダッシュでお風呂に入りました。
二人ともキレイにしたので、ベッドで初めてのセフレとの交わりが実現します。

 

彼女は俺のカリを美味しそうに舐めてます。
「あぁ、これが男よね!」と味わっていました。
俺も彼女の黒くなったアソコを眺めながら舐めていました。
そして、挿入すると彼女は激しく動き回ってイキまくったのです。
これを4時間も繰り返し、俺は5回も絶頂に達して彼女は14回もイッてぐったりです。
それでも休憩が終わるまでに一時間あったので、彼女ともう一回抜き合いました。

 

汗まみれでだらしないくらい本能的なセックスを主婦としたのですが、アプリで出会う主婦は感度が良いです。
セフレとして粒が揃ってるので、また主婦を見つけてヤリたくなります。
【愛知県 20代 男性 アルバイト】

だらしないくらいヤリまくった俺関連ページ

アプリを活用して中年の熟女との出会い
インターネットの出会い系アプリというのは、男は女の出会いを求め、女は男の出会いを求めるもので、其の出会いの目的はいろいろあるようです。 アプリの中身をジックリと判断しながら状況や口コミなどを見てみると、真面目に、真剣に異性をの出会いを求めるのもあるけど、アプリ内の広告欄等を観ると、どうやらエッチ系の出会いを求める男女の比率が多いようです。
出会い系で会った年上マダムと一夏の熱い夜
昨夏のことです。開発部の上司が実家の商店を継ぐということで電撃退社したため、穴埋めで東北へ急遽へ転勤となりました。急なことだったため妻を残しての単身赴任という形になりました。