出会い系 マダム

出会い系で会った年上マダムと一夏の熱い夜

昨夏のことです。開発部の上司が実家の商店を継ぐということで電撃退社したため、穴埋めで東北へ急遽へ転勤となりました。急なことだったため妻を残しての単身赴任という形になりました。
開発拠点(工場)のある場所での勤務でしたが、空気は綺麗で水は美味く、都会の喧騒が苦手な僕は羽根を伸ばしていました。

 

>>主婦と浮気する募集アプリなら簡単に近所でエッチな相手ができる

 

仕事もそれほど忙しくなく、上司に色々感謝しつつも、やっぱり夜の方では相手がおらず寂しい日が続きました。家には月2〜3回の頻度で帰っていましたが、家のことやら子供の相手をしていると、妻と頑張る元気はなかなか出てきません。
そこでふと、魔が差したといいますか、出会い系サイトに登録して、手っ取り早く東北で遊んじゃおうと考えました。東北美人なんかいないかなーという邪な考えを持ちつつ。
登録してみると、めぼしい若い子はそれほど多くなかったのですが、30代以上の人妻がたくさん登録していました。みなさん、身体を持て余しているようです。
僕の隙な色白巨乳タイプの方もたくさん居たので、そのなかからサクラっぽくなくて更新も多いAさん(36歳・既婚)にアプローチしました。
色々とやり取りをすると、職場から車で30分圏内に住んでいることがわかりました。ある週末、妻には言い訳をして帰省を伸ばし、Aさんと落ち合うことにしました。
待ち合わせ場所に行ってみると、色白で巨乳の美人が居ました。見ようによってはちょっと太めかもしれませんが、僕には十分ご褒美のレベルでした(笑)
声をかけてみるとかなり緊張されていましたが、車でファミレスに移動して話してみると、気さくな感じで印象の良い方でした。さりげなくホテルにさそってみると、Aさんの表情が一変。「早く行こう」と急かされるぐらいで、そのまま近場のラブホへ入庫。
どれだけ持て余していたのかはわかりませんが、Aさんの性欲は物凄いものでした。話を聞いてみると、ただでさえ粗チンの旦那さんとは5年以上レスの状態で、20代男子の若いアレが欲しくて欲しくて仕方なかったそうです。僕も、妻では味わえない乳房の揺れを満喫しつつ、結局3ラウンドの長丁場をこなしました。
その後も連絡を取り合い、冬に辞令が出るまでの半年間、週末は2人で楽しみ続けました。Aさんの旦那さんは結構実入りの良い方らしく、ホテル代もほとんど持ってくれたので、僕としては言うことがなかったです。
別れの日は正直に事情を話して、また都内に戻ることを告げました。非常に残念がっていましたが、互いに良い思い出と気持ちいいことができたので、スッパリと別れる方向で落ち着きました。あれから連絡はとっていませんが、また東北への辞令が出るようなことがあれば、連絡しちゃうかもしれませんね。
(東京都内/20代/男性/会社員)

出会い系で会った年上マダムと一夏の熱い夜関連ページ

アプリを活用して中年の熟女との出会い
インターネットの出会い系アプリというのは、男は女の出会いを求め、女は男の出会いを求めるもので、其の出会いの目的はいろいろあるようです。 アプリの中身をジックリと判断しながら状況や口コミなどを見てみると、真面目に、真剣に異性をの出会いを求めるのもあるけど、アプリ内の広告欄等を観ると、どうやらエッチ系の出会いを求める男女の比率が多いようです。
だらしないくらいヤリまくった俺
近所の主婦ばかり相手にしていたので、流石に旦那に見つかると思いアプリに登録しました。 アプリでは主婦層が多く、俺の好みにピッタリなので取り敢えず片っ端からメッセージを送りました。